/// Follow us @_laugstore_

/// Shop

News

またもやさぼりがちになってしまって申し訳ありませぬ…

先日公開されたFLASH POINTは見ていただけたでしょうか?

3月に行ってきた名古屋ツアーをベースにショートクリップを製作しました!

ツアー中は山あり谷ありで、笑いあり、涙ありなんでもござれの破天荒なLAUG1st TOURになりました!

メンバーの中には寝不足で立体駐車場にとじ込まれちゃったりして、今考えると大爆笑のハプニング祭りです笑

そんな感じでしたがスケートはしっかりとやらせてもらっています!

まだチェックしていない方は是非ご覧あれ!

ついでにまほろばも!

こんにちわ〜

今回は先日やっと完成した、APOLLON LEATHERとのコラボアイテムの裏話をしてみようかと…

僕は個人的に財布とベルトをコロコロ変えるのが好きじゃなくて、長く使えて使いやすいものがいいなと思っています。

さらにブランド物って柄でもないしな〜って感じです。(笑)

いい財布ないかな〜って思っていたらAPOLLON LEATHERのYUJIと知り合って財布とベルト作ろうってことになったんです!

知り合ってからは完全に飲み友になってしまって、ミーティングと題してlaugでひたすら酒を飲んでしまう始末でございます(笑)

そんな中で半年以上が過ぎてやっと形になったのが、MEMORY WALLETとNICE MAN BELTです!

なんでこのネーミングなのかも少し話しちゃいます!

まずMEMORY WALLETを作るにあたって影響を受けたのは、僕のおばあちゃんです。僕のおばあちゃんは大量の写真を財布の中に入れて持ち歩いています。

そのおばあちゃんの財布を見て、財布の中に写真が入っているのって勿体無いなと思っていました…

財布の外側に、自分の見せたいものとか大事なものを入れて見せれる財布っていいなと漠然と思っていました。

財布って意外と被ったりすることが多くてオリジナリティに欠けてしまうというのも気にしていました..

外側の部分で写真とか、彼女と言った記念の何かであったり大事なものを入れることによって同じ財布だけど完全に一緒のものではなく、その人の思い出が反映された財布なんて最高じゃないですか?笑

そんな酷な要望をYUJIに伝えて、形にしてもらいました…

YUJI様様でございます。

少しlaugの財布だ!と思われるエッセンスなんかも入れることができて、理想の財布が完成した感じです。

NICE MAN BELTでこだわったのは、とにかく靴紐でパンツって調子悪いけどみんなやってますよね?ガチャベルトもなんかダサいなとか思っていたり…

これは僕の完全な個人的な意見です笑

結構ベルトで困るのは、DICKIESなどのワークパンツ系のベルトループが狭くてベルトが通らないアルアルって経験した方多いのでは?

しかもガチャベルトとかだと、制服似合わないし大事な時にかっこつけづらいというか何というか…(笑)

とにかく、どこにでもかっこよくつけれて服にも馴染む革のベルトって意外とないんですよね…

特にAPOLLON LEATHERのベルトはかっこよくて愛用していたので、モデルチェンジをして、スケーターのためのベルトを作っちゃいました!

まあ今後もYUJI様様でお世話になろうと思っております!

さらにAPOLLON LEATHERの工房もlaugの真裏に構えだしたので、街も活性化することでしょう!

ちなみにですがlaugもリニュアルオープンしたので見にきてね!

またいつか…

atom

こんにちは某のりしおです。

いつもお店に遊びに来てるのですがATOM君が過労死しそうなので代わりに自分が今日は書いていこうと思います。

いつもチェックする側のBLOGをまさか自分が書くなんて、、、なんか変な気分っす。

今日はなんとなく自分が思っていることについて書こうと思います。簡単にいうとお店に遊びに来てよ!ってことです笑

ありがたいことに昔に比べるとLAUGもお客さんが増えてきたのですが、オンライン化が進みLAUGもオンラインショップの注文がとても多いです。

でもそれってスケーター達の繋がり薄くなってきてね?って思ってしまうのです。

スケートショップといえばたくさんの人が集まり、そこで輪が広がってく場所でもあると僕は思ってます。といいつつ自分も便利でオンラインショップは使ってしまいますが笑

LAUGは少し溜まり場みたいになって怖いと思ってる方も多いと思いますが。みんな変人なだけでいい奴なんで少し勇気を出してきてください!!

なんかわからないことを聞きにくる感覚でいいんでお待ちしております。

そんな感じでどんどんLAUGを中心にスケーターの輪が広がっていったらとても嬉しいっす。

横浜のスケートシーンをもっと盛り上げていきましょう!

こんにちわ

先日公開されたGRAVITY CANCELは見てくれたでしょうか?

まほろばに比べて大分短いクリップですが、LAUGの雰囲気が満載・ツッコミどころ満載なのではないでしょうか?

今回のクリップでの大トリはクリップ量産スケーターKANTA SUGIHARA氏でしたが、まだまだ余力のある雰囲気も…

さらにYUMETOくんはNO WAXが良いという謎のこだわりのバックテールをかましています。音が気持ちい〜

今後もLAUGの大運動会は続くと思うのでKICK OUTと賠償請求はお手柔らかに〜

最近ブログが本当にサボりがちになってしまい申し訳ありません。

LAUGによく来る某のり塩くんにも怒られた次第でございます…

もう、2022年になって大分経ってしまいましたが、2021年はLAUGも怒涛の1年でした。とにかく忙しい毎日を過ごしておりました。

1番のトピックとしては、まほろばの制作・SAVE THE CITYの2つかなって感じです。

とりあえず ”まほろば” の話から

まほろばを作って感じたことは、今まで自分は特にパークとかで滑っていたので世間の厳しさや謎のお怒りの一般市民とは我関せずだったのですが、世間の風当たりは結構ひどくて、日本のストリートの撮影が激ムズであることを痛感いたしました。さらに驚いたのが、YUTO HORIGOMEの金メダルで日本人がスケートボーダーに注目をしたときは何かとスケートが取り上げられて激ムズだったストリートが、チョイむずになったことです。(笑)

日本人の鬼の手のひら返しに社会が怖くなりました!

とりあえず、日本人のスケーターのイメージが何故か最悪すぎるので、いいイメージにしようと思って行った活動が ”SAVE THE CITY”です。スケーターの人口は増える一方なのに、イメージはどんどん悪くなるのは嫌ですよね…

偶然にもLAUGを構える日の出町は、浮浪者とゴミとピンクな街の横浜の代表格なので、ゴミ拾いして拾った面白いゴミでスケートしたら、絶対に楽しそうだなと閃いたのでゴミ拾いとスケート混ぜちゃいました。協賛もお世話になっている代理店の方から頂けて、楽しい活動ができました。(ありがとうございます。advanceさん・hascoさん・hayashi tradingさん・Yujiさん・Bigwingさん)

とりあえずやってみたら結構面白くて、街の人たちも「頑張って」とか言ってくださる方もいるとかいないとか…結構目につくみたいで効果はあったのかなと思います。今年もできたらいいな何て思いました。

2022年も激動の動きになりそうなのですが、私だけでLAUGを動かせるのも限界かなと感じています。そろそろLAUGもスタッフなんかを視野に入れてもいいのかなと….

そんな感じで今後のLAUGの動向をチェックしてくれると嬉しいです。

それじゃあ2022年もよろしくお願いします。

atom

こんにちわ

お久しぶりです…

本当に忙しすぎてブログを書く暇がなくなってしまったのですが少し落ち着いたので報告と日頃の感謝を綴りたいと思います。

まず最初に私たちLAUG FAMILYが1年間たくさんの人の協力のもとで作ることができた初のフルレングス「まほろば」がYOUTUBEで公開されました。

見ていただけたでしょうか?

今回、まほろばの試写会を横浜のJACK AND BETTYという地元の個人経営の映画館で上映することができました。

今回の試写会は合同の試写会で戸塚のCREWの「NUTS CLASSIC」と注目のクルーの「SHANGRI-LA」を招待させていただき、さらに今回の試写会で2周年ということもあり、JACK AND BETTYとLAZY PIZZA DELIVERY の三つ巴でコラボさせていただきまして、周りに恵まれているなとふつふつと感じました…

THE横浜で横浜のクルーで横浜のコラボレーションで横浜づくしの2周年プラス最高の試写会になり、予定していた人数よりもたくさんの人が来てくれて満席プラス立ち見というイレギュラーな事態にまで幸せな発展をする事態になりました(笑)

そんな最高の試写会ができて本当に余韻に浸りまくっています!

ここら辺でちょっと真面目な話をさせていただくと、今回フィルミングと動画の編集を全て私がやっているのですがフィルミングもまだ今回の動画を作るタイミングに初めてフィルミングをしたりと覚えることがたくさんあってまだまだ」未熟すぎる感じだと思うのですが撮影をしていくうちに初心者でも1年間街で撮っていると周りの人の目や警察・警備員の人の対応、オリンピックの影響が生で感じ取れると同時に撮っているので街の人の視線・言葉が全て伝わってきました。

「かっこいい」「頑張ってください」「怪我をしないでね」たくさんの元気がもらえる言葉と同時に、「犯罪者」「近寄っちゃダメ」「どうしようもない」という言葉が大半でした。世間やメディアもスケーターを撲滅しようと動いてスケーターがどんどん肩身が狭くなる一方でスケートボード初のオリンピックで金メダルを取り、華麗なストリートのパートをあげている堀米くんやたくさんの日本人が日本のスケート界を変える動きをしてくれています。

そんな中LAUGが提供するVIDEOで見た人に伝えたいことは、「スケートボードって楽しいでしょ」っていうアンダーグラウンドっていう言葉ではなく、今すぐスケートボードが行きたくなるそんなビデオが作れればいいと思い、作らせていただきました。できていたでしょうか…(笑)

今回のビデオで警察の人たちが出てきているのですが、全て伝説の「あと一回」が通用してやらせていただいている合法の勝利です(笑)

なんならグータッチしてくれている元スケーターの警察官もいます(笑)

まだ見てない人は見てくれた嬉しいです。

1年間のLAUG FAMILYの努力を是非見てください!

atom

こんにちわ

お久しぶりです。

最近は、スケートボードブームで新しいブランドも続々と増え何が何だか全くわからないスケート社会が発展してる様にも感じてしまいます。

スケートボードにおいての重要項目ってなんでしょうか?

ファッション・視点・人柄・スキル・ガッツetc…たくさんあると思います。

これが初期装備で必要なものだとして、スケート社会のアイコンになるためには、カルト的要素が必要なのではとふと思い至りました。

携帯で例えると、圧倒的にAPPLEの使用率が世界的に多いですよね。あのリンゴのマークを見ると何か信憑性があるように思ってしまうの私だけではないはずです。見れば見るほど欲しくなるAPPLEのマークは本当にカルト感満載。もはや宗教です。

スケートボードも流行しているブランドはカルト感満載なのでは…

SUPREME.FA.917.POLAR.PALACE.etc….

ブランドの安心感やブランドのロゴに間違いない感じが脳内に叩き込まれています。かなりお値段以上とは呼べないものも大人気。もはや宗教ですよね…

LAUGにも次世代のカルトなブランドが集まってしまって私を代表に信者たちが増えつつあります。

最近入荷した、ALWAYS WHAT SHOULD YOU DOはブランドのロゴのマークとブランド名を聞き、見るたび気になってしまうブランドです。

次世代のくせになるブランドを探しにLAUGに遊びにきてください…

ATOM

こんにちわ

最近はEthan hawkeのファッションに目が虜です。

今スケーターの中で流行っているBIG BOYやLEVIS550のような定番ジーンズやDICKIES DOUBLE KNEEが新横に大量発生してるのを見ると、自分の見つけた違うエッセンスの洋服を探したくなります。

僕が大注目しているのは、TROIS CCDのメンバーやロンドンのスケーターには心奪われます。ANDREA DUPRE. DEEDZ.AMELIEN.CODY CHAPMAN.LUDVING.SHRED MASTER KEITH. QAMUELというかもう言い切れないぐらいのエゴサーチしまくりです。

間違いないのが流行を外さずに自分のエッセンスを入れるってめっちゃスケートっぽいって思います。全部が違うものじゃなくても良い感じで人柄が見えたら魅力的でメインムーブメントよりちょいズレでいたいって思っちゃう年頃です。

主役じゃなくて悪役の名脇役の座を狙っても面白い。

とにかくスケートボード最高です。

オリンピック熱狂してしまいました。

たくさんの人たちが気になっていたオリンピックだと思います。

どういった経緯でオリンピックにスケートボードが追加されたのかもわからないし、採点方法も以前と謎が多いですが最高としか言えないバイブスに包まれた雰囲気はどの競技にもないフレンドシップとスケートの独特な雰囲気が地上波に映されてテンション上がりっぱなしです。

他の競技にはない自由さとクリエイティブな動きは、スケーターではない視聴者にも少しスケートの良さがわかってもらえているのではないかと思いワクワクしています。世間的にスケーターが最注目を浴びて様々な問題も上がってくるのかも知れませんが、これはオリンピックの選手のおかげの日本のスケートカルチャーの大きな一歩のようにも感じています。

これからは良い意味でも悪い意味でも目立ってしまうスケーターが今一度、日本流の街とスケーターの共存の仕方を考える必要があると思います

とにかく本当にオリンピック選手の皆さんにはたくさんの感動とありがとうを伝えたいです。

今は亡きGROSSOもオリンピックについてはVANSのLOVE LETTERシリーズで話していましたぜひ見てみてください。

こんにちわ

最近はやっと梅雨も明けそうで、太陽の下で優雅にスケートできる時間が増えそうです。

今回は、最近感じた悲しいことをシェアしたいと思います。

近年、スケーターも増えて社会がスケーターに注目せざる負えない状況が作れています。ですが街ではスケーターのイメージが本当に良くないようで、本当に残念なところです。都内ではスケーターと警察のいたちごっこも止まないだとか..

神奈川もそんな状況が続いているのかと思います。

そんな中、スケーターもスケートパークを作ろうという運動やスケーターの動きが活発になっていて、とてもいい雰囲気もある一方で、心ないスケーターのマナー違反が目立つところであります。

僕はみなとみらいにスケートをしに行くことが多いのですが、本当にゴミの問題がひどすぎます。NISSANの本社の”橋下”と呼ばれるスポットは、壁面全てゴミだらけ、新港パークも吸い殻やゴミの山です。しかもワックスが塗られているところに大体ゴミは落ちています。

これはスケーターが落としてないかもしれないというのは、馬鹿らしいです。

スケーターが他の一般人に迷惑をかけている大前提でスケートをしないと、秩序もへったくれもありません。

僕は警察に毎回怒られるのも嫌ですし、世間から白い目で見られるスケーターという人種からカッコイイと思われる人へ、変化できるチャンスがある時代だと考えます。僕が始めた当初はみなとみらいのスポットも綺麗で怒られることも少なかったです。これまでの歴史が詰まったスポットを潰さないように、何か行動をしなければいけません。

そこでLAUGはCITY CLEANを実施したいと思います。スケートスポットを重点的にゴミを片付けて、スケーターが”歩くルンバ”になって神奈川をシンガポールにしちゃいましょう。

嫌がられている存在から、なくてはならない存在に変化する時代になりました。

日程などは追ってインスタや記事で連絡します。

DESERVE THE SMILE

LAUG atom